Melchior

バンクーバーで働くエンジニアの備忘録

AnyenvでGoのバージョン管理

概要

Anyenvとはこれ一つで色々なパッケージ管理ができるスグレモノのようです。今回はGolangまわりだけ整理していたので、Golangのセットアップ手順について書きます。

インストール

まずはリポジトリをクローン。

$ git clone https://github.com/riywo/anyenv ~/.anyenv

.zshrcに以下を追記。

# anyenv
export PATH="$HOME/.anyenv/bin:$PATH"
eval "$(anyenv init -)"

goenvをインストールします。

$ anyenv install goenv

次にGolangをインストールします。

$ goenv install 1.8

.zshrcにGOPATHを設定します。(goenv rehashで解決してくれると思ったらそうでもない)

# Go
export GO_VERSION=1.8
export GOROOT=$HOME/.anyenv/envs/goenv/versions/$GO_VERSION
export GOPATH=$HOME/dev
export PATH=$HOME/.anyenv/envs/goenv/shims/bin:$PATH
export PATH=$GOROOT/bin:$PATH
export PATH=$GOPATH/bin:$PATH
echo Now using golang v$GO_VERSION

なんとなくnvmと同じechoを追加します。

Now using node v6.10.1 (npm v3.10.10)
Now using golang v1.8

$ go version
go version go1.8 darwin/amd64

良い感じになりました。

まとめ

Version Managerにこだわりが無いようでしたら、新しい言語をインストールするときにあちこちVersion Managerを探しに行くよりサクッとインストールできるのでいいかなぁと思います。

リンク

GitHub - riywo/anyenv: all in one for **env

GitHub - ingtk/dotfiles