Melchior

バンクーバーで働くエンジニアの備忘録

MetabaseをElastic Beanstalkにデプロイする

概要

Metabaseを導入したので、それの手順についてまとめます。

Metabaseのデプロイ

こちらのリンクからAWSにデプロイするボタンがあるのですが、うまく動かなかったため今回は手動でセットアップします。

まずはじめにElastic Beanstalkのサーバを構築します。プラットフォームは事前設定済みプラットフォームのDockerを選択します。

f:id:suguru03:20181205161604p:plain

次にアプリケーションコードをアップロードします。ソースコードは既にS3上に上がっているためS3のURLを指定します。

https://s3.amazonaws.com/downloads.metabase.com/v0.31.1/metabase-aws-eb.zip

最新バージョンはこちらで確認できます、適宜URLのバージョン部分を書き換えてください。

f:id:suguru03:20181205162405p:plain

f:id:suguru03:20181205165545p:plain

リージョンのエラーが出る場合はソースコードをローカルにダウンロードし、ローカルファイルからダウンロードしたソースコードを選択しアップロードします。 「更にオプションを追加」をクリックし適宜設定し、環境を構築します。

Auroraの設定

今回は既存のAurora上にMetabase用のDBを作成します。新しくDBを作成する場合はこちらを参考にしてください。

ルートユーザでログインし、Aurora上にMetabase用のデータベースとユーザを作成します。

CREATE DATABASE metabase CHARACTER SET utf8mb4;
CREATE USER 'metabase.admin'@'%' IDENTIFIED BY 'password';
GRANT SELECT ON *.* TO 'metabase.admin'@'%' WITH GRANT OPTION;

必要に応じて、対象となるデータベース上にReadonlyユーザを作成してください。

環境変数の設定

スタートガイドに従ってElastic Beanstalk上に環境変数を設定します。上記で生成したユーザを設定してください。

f:id:suguru03:20190105093442p:plain

設定を更新して以下の画面が表示されれば準備完了です。

f:id:suguru03:20190106072554p:plain

まとめ

Metabaseとても便利そうなのでぜひ使ってみてください。

ソース