Melchior

バンクーバーで働くエンジニアの備忘録

Node.js with TypeScriptのCode Coverageを計測する

概要

Node.js with TypeScriptでcode coverageを計測できるようにしたので、その導入手順について書きます。

NYCのセットアップ

はじめにNYCのセットアップします。 NYCとはIstanbulのコマンドラインツールで、Istanbulとはcode coverageを計測してくれるツールです。

まずはnycts-nodeをinstallします。

$ npm i -D nyc ts-node mocha

次にnycのtaskをpackage.jsonのscriptに追加します。今回はtestファイルをtest directory配下に置いています。

// package.json
{
  ...
  "scripts": {
    "test": "nyc mocha test/*"
  },
  ...
}

次にnycのconfigをpackage.jsonに設定します。必要に応じて設定を変更してください。

// package.json
{
  ...
  "nyc": {
    "include": [
      "lib/**/*.ts"
    ],
    "extension": [
      ".ts"
    ],
    "require": [
      "ts-node/register"
    ],
    "reporter": [
      "text",
      "text-summary",
      "html"
    ],
    "sourceMap": true
  },
  ...
}

opn-cliの設定(オプション)

coverage計測後、ぱっと見れるようにopn-cliの設定も一緒にpackage.jsonに追加します。

$ npm i -D opn-cli
// package.json
{
  ...
  "scripts": {
    "test": "nyc mocha test/*",
    "open:cov": "opn coverage/index.html"
  },
  ...
}

codecovの設定(オプション)

codecovで可視化したいのでcodecovの設定も追加します。codecovはCircleCIから自動的に走らせています。

$ npm i -D codecov
// package.json
{
  ...
  "scripts": {
    "test": "nyc mocha test/*",
    "codecov": "nyc report --reporter=lcovonly && codecov",
    "open:cov": "opn coverage/index.html"
  },
  ...
}

実行

後はnpm testを実行すると結果を見ることができます。nycのHTMLはbranchの詳細まで見れるのでとても便利です。

$ npm test
$ npm run open:cov

まとめ

CodeのCoverageが全てではないですが、テストを書く習慣・目標値の設定としてはとても良い指標だと思います。 これに加え、質の良いテストがかけるように心がけていきたいです。

ちなみにNYCはNew York Cityだそうです。

リンク

https://istanbul.js.org/ https://github.com/istanbuljs/nyc http://azimi.me/2016/09/30/nyc-mocha-typescript.1.html